男の悩みを解決して!目指せSEXキング!

ED・性病・早漏・中折れ・セックスの仕方・男女の関係…様々な男性の悩み。
原因や対処法、用途に合ったお薬やオススメ商品をご紹介します!

➡【管理人体験談】本当に効果を期待できる精力剤ランキング

女性用バイアグラのフリバンセリンってどういうもの?

ベッドの上で寝転がる女性 勃起薬・媚薬・避妊薬(医薬品関係)

女性用のバイアグラ「フリバンセリン」が米食品医薬品局で正式に認可されたというビッグニュースが届きました!
これは女性の興奮度をアップさせ、性欲をかき立てる医薬品として、正式に承認されたことになります。
日本の媚薬シーンでも話題騒然となっています。
そこで今回はそんなフリバンセリンについてご紹介したいと思います。

フリバンセリンとは

フリバンセリン_アディ(Addyi)
そもそも、フリバンセリンとはなんなのか? その答えは実に簡単です!「女性用のバイアグラ」です。
女性の性器に直接影響を与えて、強制的に濡れさせたり、興奮させたりする作用をもっております。基本的には媚薬となにも変わらないと思ってください。
純粋に、「媚薬」というよりも「バイアグラ」の方が聞きなれているからそう呼ばれているだけだと思います。

このフリバンセリンはそんな数多くある媚薬の中でも、唯一米食品医薬品局に承認された「誰にでも効果のある」媚薬です。
ほとんどの媚薬は効果があるものの、使う女性の体質に大きくその効果が左右されてしまいます。逆に、フリバンセリンはどんな女性でも効果があります。
だからこそ、アメリカの薬品局(FDA)が承認したんです!

アメリカで開発された女性用のバイアグラ

フリバンセリンは2015年に開発された新薬です。

アメリカのニュースなどでも紹介されており、その名前は世に広く知れ渡っています。
医薬品であるということは、効果があると国が認めているということです。
高い効果があり、安全性も高いに違いありません!

Female “Viagra”: Flibanserin is backed by FDA panel for approval

フリバンセリンはaddyi(アディ)という商品名で販売されています。
女性用バイアグラとして、性欲不振に悩む女性に利用されるようになりました。
ところで、なぜフリバンセリンの登場がニュースで大々的に取り上げられるほど話題になったのでしょうか?

それには意外な理由があったんです。

女性用バイアグラとして効果が認められた初の医薬品

実は、今まで女性用バイアグラとして認可が出ているものは存在しませんでした。
つまり、医学的に女性の性欲を高める効果があると公的な機関が認めたものは存在しなかったんです。
そんな中で、女性の性欲を高められると認可が出たのが、このフリバンセリン
そのため、性の悩みを抱えている女性から一層注目を集めている医薬品の一つなんです。
では、なぜ医学的に性欲を増強できると証明されたのか?
フリバンセリンの成り立ちから解説していきます。

フリバンセリンはもともと抗うつ剤だった

フリバンセリンは、もともとドイツの製薬会社が開発した抗うつ剤でした。
抗うつ剤の効果の一つである、ドーパミンなどの精神伝達物質に働きかける効果が性欲をコントロールできると判明しました。
その効果が女性用のバイアグラとして活用できると証明されました。
米製薬会社スプラウト・ファーマシューティカルズが商品化し、アメリカの薬品局(FDA)に認められたことで、。
その結果、フリバンセリンは女性の性欲を掻き立てる効果がある女性用バイアグラとして販売される運びとなりました。
現在は医薬品として流通し、多くの人が利用しています。

フリバンセリンにはどんな効果があるの?

したい
フリバンセリンが99%の確率でほとんどの女性に効くと断言できる理由はその臨床試験の結果にあります。
なんと、フリバンセリンは1万1000人の女性を対象に臨床試験を行ったことがあります。この時点で、他の媚薬とはくらべものにならないデータを蓄積しております。
実際の臨床結果としては、フリバンセリンを服用した女性らのうち、1か月のセックス回数が2倍になった女性が大半を占めたんです。
その結果を見て米食薬品局も認定したといわれております。
なので、間違いなく効果は見込めます!
ただ、問題もあるんです。それは、副作用です・・・
フリバンセリンには副作用があるんです。これは実際の臨床試験の際も起こった副作用ですが、40代前後の女性がフリバンセリンを服用した際に吐き気やめまいに襲われたというデータがありました。
ただ、これも1万1000人のうちの一握りのみだったということで「問題ない」と判断されました。
確かに、薬品なのである程度の副作用は仕方がないでしょう。
ここからは、気になるフリバンセリンの効果と働きを解説します。
あなたが求める効果が見込めるか確かめてください!

女性の性欲を向上させる

フリバンセリンは女性の性欲を向上させる働きがあると、医学的に証明されています。
その証明としては、性的欲求低下障害(HSDD)の治療薬として承認されているためです。

性行為に対する興味や欲求が欠如・不足し、著しい苦痛を感じたり人間関係に支障を来したりする状態。性機能障害の一つ。HSDD(Hypoactive Sexual Desire Disorder)。
[補説]抗鬱剤のフリバンセリンに女性の性的欲求低下障害に対する治療効果があるとして治験が行われている。
コトバンク

フリバンセリンはいわゆる女性用のバイアグラといえるもの。
脳に働きかけ、体の内側から性欲が湧いてくるように働きかける効果があります。
ですが、媚薬のように女性の体に働きかけ速攻て発情させる効果はありません
世の中には様々な媚薬があります。
しかし、使う女性の体調・体質・状況により効果に差が出てくるのはみなさんご存知の通り。
ですが、フリバンセリンが公的機関に承認されたというのは、その効果が公的に認められたことになります。

フリバンセリンを使用する際のデメリット

効果に個人差はあるものの、性欲を高めるための医薬品ですので効果は見込めるはず。
ですが、デメリットも存在します。

毎日服用が必須かつ即効性は薄い

性欲が高まるように体質を改善するには、サプリメントのように毎日服用する必要があります
効果を実感できるまで2ヶ月か、それ以上かかるとも言われており速攻性には欠けますね。
媚薬のように、いざセックスの前に使って即相手を発情させたい場合には不向きであると言えるでしょう。
効果の個人差に関しても、様々な意見が出ています。

誰にでも効果があるわけじゃない

ウォール・ストリートジャーナルによると、効果が高くない可能性もあるとほのめかされています。
効果に対して懐疑的な声も少なくはないですね。

フリバンセリンに否定的な立場をとってきた非営利団体「全米女性保健ネットワーク」のシンディー・ピアソン代表は、臨床試験に参加した女性たちが「満足だと感じたときは月に1回ほど増えたが、それは極めてちっぽけな効果にすぎない」と話している。
ウォールストリートジャーナル

男性用の精力剤や女性用の媚薬のように、劇的な効果を得るのは難しいのかもしれませんね・・・。
また、服用をおすすめしない理由はこれだけではありません

アルコールと一緒に飲むと失神する?!

医薬品のため、アルコールとの服用は厳禁。
極度の低血圧・失神などの副作用が発生する可能性があり非常に危険です。
最悪の場合、命の危険もあるので、絶対にNG。
アルコールに関係なく、医薬品のため様々な副作用が起こる可能性があり、医師の処方無しでの服用は絶対に厳禁!

FDAの分析によると、フリバンセリンには、とりわけアルコールを飲んだときの服用で低血圧と失神という「重篤なリスク」があった。
ウォールストリートジャーナル

毎日服用は必須でかつ、効果には個人差があります。
2ヶ月間毎日服用し続けている間はアルコールは厳禁・・・。
万が一アルコールをうっかり摂取してしまうと、深刻な副作用に繋がる可能性もあります。
しかも、長期に渡って服用をしても効果が出るとは限らずお金を無駄にする可能性も・・・?
服用のリスクは高い印象がありますね・・・。

副作用もある…

薬局や医院で販売するためには、安全な薬品と承認される必要があります。
しかし、フリバンセリンは過去に2度米国食品医薬品局から承認を見送られています
その理由が、フリバンセリンを服用したことで発生した副作用で以下のような症状に見舞われるケースが確認されました。

  • 吐き気
  • めまい
  • 眠気
  • 疲労感
  • 口腔内乾燥

実際の臨床試験の際も起こったそうなのですが、40代前後の女性がフリバンセリンを服用した際に吐き気やめまいの症状が出たいうデータがあります。
医薬品なので、副作用があるのは仕方がないとも言えます。
しかしながら、安全性には疑問が残ります。
さらに、副作用が出る可能性以外にも、デメリットが存在しています。

値段がめちゃくちゃ高い

フリバンセリンについて調べていたところ、livedoorニュースで興味深い記事を見つけました。
それは、あるニュースサイトの編集者がフリバンセリンを実際に購入し、女性編集者に飲ませるという内容でした。
怒る人は怒りそうな攻めた内容ですね・・・。
そこには、値段に関する記載がありました

『アディ(addyi)』はやたらに高い(4錠で5000円前後!)ので、ジェネリックの『フルバン』を購入。こちらは半額以下だ。引用:女性のバイアグラ? フリバンセリンを体験した-livedoorNEWS

2ヶ月間飲むことを加味して、もっとサプリメント感覚の安価な値段なのかと思いきやこの金額。
60日間毎日欠かさず飲むとしたら、単純計算で30万円!!
高すぎですね・・・
日本の保険適用外のためここまで高価なようです。
日本で入手したい場合には、個人輸入か保険が適用されるのを待つしかないようです。

フリバンセリンの購入方法

上のニュースサイトで購入している人がいる訳です。
なので、日本で手に入れるのは不可能ではありません。
どうしてもフリバンセリンを購入したい方もいますよね?
そんな方のために購入方法について紹介していきたいと思います。

日本の薬局やドラッグストアでは購入できない

現状、日本国内では認可が出ていないため、購入はできません。
その上、今後フリバンセリンが認可されたとしても、医薬品のため病院で処方箋がないと購入することはできません。
そのためドラッグストアや薬局などで購入もできません。
正式に入ってくるのにはかなり時間がかかるでしょうし、認可されない可能性もあります。
そのため 、個人で購入する方法は一つしかありません。

個人輸入を行うしかない

大手の輸入通販サイトを調査したところ、フリバンセリンを販売しているところはなかったです。
そのため、海外の販売サイトから個人で輸入する他ないようですね。
個人輸入の際に注意すべきポイントがいくつかあります。

個人輸入の注意点

個人で海外の販売サイトから輸入するにあたり3つの注意点が存在します。

  1. 品物が確実に届く保証がない。
  2. 他人に販売すると法に触れる場合がある。
  3. 関税と輸送費が絡み、想定よりも高額な買い物になる可能性がある。

結局日本での認可を待つのが一番リスクもなく、安全かつ安価に手に入れる方法ですね・・・。
ですが、安心してください。
フリバンセリンを使用せずに、女性の性欲を高める方法を伝授したいと思います。

副作用ゼロで性欲を高める方法は?

フリバンセリンの使用は、副作用もあり効果が出るか不明
そもそも手に入れるのは、不可能で使うことも叶わない・・・。
女性を強制的に発情させることはできないのか・・・」
と途方にくれているあなたに朗報があります。
副作用ゼロで速攻で性欲を高める方法が実はあるんです!
それは、媚薬・・・。
中でも、LoveTimeMaker(ラブタイムメーカー)という媚薬がおすすめ!

たった一滴で疑似恋愛体験を錯覚させる媚薬『LoveTimeMaker』


ラブタイムメーカー

嘘だと思うほど女性の態度や言動が急変する効果は、従来の媚薬とは比べ物になりません。
ムイラプアマ・マカ・馬プラセンタ・大豆イソフラボン・ザクロといった、女性の性欲を促進させる成分が多量に含まれており、一滴で十分な効果を発揮します。
フリバンセリンとは違い、天然由来の成分しか使用していないことから副作用が全くないことも
強いて言えば、多量に使用することでお相手の女性が発情を抑えられなくなることぐらいです。

欲求不満な女性にオススメ

媚薬は男性が使うものというイメージがありますが、実は女性の利用者もたくさんいます。
セックスにマンネリを感じている女性には特にオススメで、普段では味わうことができない興奮や刺激を堪能することができます。
LoveTimeMakerを飲むことで性欲がどんどん刺激され感度が高まり、いつもと違うあなたに男性も興奮度アップ間違いなし!
LoveTimeMaker公式サイトはこちら

まとめ

フリバンセリンは海外で認可が出ている、世界初の女性用バイアグラです。
残念ながらまだ日本では流通しておらず、入手は困難
その上副作用もあり、安全性も不安です・・・。
セックスの方法や日頃の生活習慣などから、性欲が高められるように工夫すると良いでしょう。