男の悩みを解決して!目指せSEXキング!

ED・性病・早漏・中折れ・セックスの仕方・男女の関係…様々な男性の悩み。
原因や対処法、用途に合ったお薬やオススメ商品をご紹介します!

➡【管理人体験談】本当に効果を期待できる精力剤ランキング

夫や彼氏には言えない!女の性癖を徹底解明!

小悪魔の女性 おすすめのセックス方法

セックスの面において、親しければ親しい程言えない「別の顔」を心に秘めているモノです。
ワンナイトや浮気で大胆になるというのも、この現象の表れだと言えば納得する人も多い事でしょう。
ここでは、女が普段は隠すセックスの欲求や願望についてを解説してみます。
陰に持つ“性癖”を理解して、お互いの快感を高める一助にしてみてください。

そもそも「性癖」ってなに?

性癖
もともと「性癖」とは、書いて字のごとくセックスの癖の事です。
軽いモノでは体位や手順等から、重くはプレイ面での特殊性(例えば、大掛かりなSM等々…)まで。
その上で“セックス=秘め事”という認識が強いために、性癖という場合は「特殊な嗜好・趣向」を多大に含んだプレイを指す事が一般的です。

刺激を快感につなげるのが「性癖」の役割!

セックスに慣れていないカップルの場合は、正常位でさえ燃え上がるのは経験の通りかと思います。
それが段々と慣れてきたり「飽き」がくると刺激を求め合うようになりますよね。
こちらも、当然の成り行きです。
体位を変えたり、シチュエーションを変えたり、ストーリーを作ってみたり、等です。
そこで願望として現れるのが「性癖」といえます。
意識・無意識の別に関係なく、「シてみたい事、ヤってほしい事」。
性癖はこれらを具現化する格好のツール(言い訳ともとれる)なのです。
もちろん、快楽は従来よりも数倍~∞程高まる事は必至。
それだけ性癖の持つ役割りは、セックスにおいては絶大なものがあります。

女の性癖を理解すればエッチの満足度が上がる

これらの願望とも取れる女の性癖を見極めて理解していれば、セックスの相乗効果は「大」です。
「いつもより敏感に反応する体」「喘ぎ声の大きさが段違い!」ともなれば、お相手をする男の満足度・エレクト度も高まりますよ!

多くの女性が持っている性癖4選

レズビアン
淑女の仮面を被っていても、女性がエッチなのは周知の事実ですよね。
そこを上手に攻めてあげれば、お互いの性感は高まって絆も深まる事うけあいです。
ここでは、代表的な女の性癖(=願望)紹介と考察をしてみます。

犯してほしい!

“無理矢理に犯される”シチュエーションに歪んだ憧れを持つ女性は多いです。
いくら女が強くなったと言われる時代とはいえ、「力でねじ込まれる」という虐げられた立場を潜在的に好んでいるのではないでしょうか。
“潜在的妄想”が生んだ、分かりやすい性癖ですね。

ソフトSMプレイで攻められたい!

SMプレイに好奇心を抱く女性も多いです。
しかしそこには「痛くなければ」とか「縛られた縄の跡が付かなければ」という形容詞が付随している事も忘れずにいてください。
つまり本格的なプレイよりも、まずは入口を試してみたいのです。
低温ローソクや「音の割には痛くないムチの使い方」もあるので、これらを駆使すれば「ソフトSM志向」の女性も満足するはず。
“攻められる妙技”を味わいたい女性にはピッタリです。

アダルトグッズを使ってみたい!

ネットメディアの発達で、今までは特殊な人達しか目にした事のなかったモノも普通に見る事ができるようになりました。
その中のひとつに「大人のオモチャ」があります。
現在では「アダルトグッズ」と呼ばれて、以前よりネーミングにもオシャレ感が付加されています。
アダルト無料動画やネット広告でも、よく目にするようになりましたよね?
そうなると「自分でも使ってみたい!」と思う女性が増えてくるのは自然の流れです。
挿入用としては、ローターあたりの小さな球状から始めてペニス型とはっきり分かるバイブ等へとステップアップしていくのがいいでしょう。
生身以外の挿入物が思った以上の好感触だったために、セックス時はもとよりオナニーでも使用するようになったとカミングアウトする女性も多い程です。

コスプレしたい!

「ワタシ以外の私になりたい」という性癖に含まれるのが「コスプレ」です。
コスプレは頭のテッペンからつま先までを“別人”に装います。
セックスにおいても、然りですね。
衣装をつける事によって、セックスのプレイや立ち振る舞いまでをコスチュームで変貌させるというわけです。
コスプレ志向の強い女は、「別人願望」も強いと考えていいでしょう。
普段は地味目だと言われる自分が、セックスや行動までも別人に“なりきれる”のがコスプレの快感のひとつです。
男側から見ても、いつもなら正常位オンリーだった彼女がコスチュームを着た途端に騎乗位でみずから腰をグラインドさせたり、拒んでいたフェラを積極的にするばかりが放出された精液を飲み込んでみたり。
驚く反面、大胆に変貌したパートナーが妙に艶かしく見えてきて倦怠期知らずという事にもなります。
コスプレには、そうした魅力があるのです。
「変わりたい」思いにマッチし、パートナーの男とともにいつも以上の快楽が得られるのですから「コスプレ」が“単なる着せ替えごっこ”ではない事が見て取れるのです。

こんな性癖も?!びっくりする女の性癖5選

お酒が好きな女性

アナルでしたい

普通のセックスに慣れてくると、刺激を求めて“オマ○コ以外の穴にも入れたい!”と思うアナルファッカーな女も、最近では増えています
これは快楽を求める、というよりも「本当に気持ちイイのか?」という好奇心がもたらした結果であるといえます。
それだけ、アナルセックスへの関心度が高まっているという事ですね。

おもらしを見られると興奮する

「おもらし」な状況に限らずに、トイレでもバスルームでも放尿シーンを“見せたがる”女が急増しています。
だからといって感ちがいしないでほしいのは、嬉々として見せているのではなく“恥ずかしいけれど、強制されて”見せているという事。
羞恥プレイの約束事の上に成り立っているのを忘れずにいてください

臭いニオイを嗅ぎたい

「匂いフェチ」というのがありますが、まさにその部類です。
主に汗や体臭まみれの男に犯される願望がある女性に、この傾向が強いです。

外で露出したい

“誰に見られているか分からない”というスリルを味わうのに、野外露出は最適です。
今では防犯カメラの発達のために、非常階段の踊り場や公園でのアオカン等は少なくなりましたが、そのためにスリルも増したともいえます。
また、人里離れた郊外での野外露出は“開放感がサイコー”という女も多いのが特徴です。

複数プレイがしたい

1度に複数の男を受け入れるこのプレイ、未経験者や初心者は同時に複数の男の愛撫や挿入を受けたい、という願望が強いです。
逆ハーレム状態を望んでいるわけですね。
経験を重ねてくると、その逆ハーレムというよりは1対1の組み合わせのセックスを“数多くシたい”と思うようになるようです。
「とにかく大勢の男と交わりたい」という、願望の質にも変化が生まれてくるみたいですよ。

まとめ

「なくて七癖」とは言いますが、こと性癖に関しては女の数だけ存在すると考えた方がいいみたいです。
それも平然と過ごす日常の顔の裏側に隠し持っているのですから、かなり「エロい」事このうえないですね。
今回は主にM性の強い女の性癖についてを述べてみました。
虐げられたい、辱められたい、という願望がベースにあるの、ちょっとしたワードからM性に気づいてあげてください。
そして、遠慮しないで「恥ずかしい思い」をさせてあげましょう。
それこそが、彼女たちを満足させる事に直結する行為なのです。
(S属性の女は別の機会にでも…)
■すけべなセフレを探すならこちらの記事を読んでおこう

「セフレが欲しい人必読!セックスフレンドの作り方や付き合い方、別れ方まで徹底指南!」