男の悩みを解決して!目指せSEXキング!

ED・性病・早漏・中折れ・セックスの仕方・男女の関係…様々な男性の悩み。
原因や対処法、用途に合ったお薬やオススメ商品をご紹介します!

➡【管理人体験談】本当に効果を期待できる精力剤ランキング

50代女性の性欲はどう?セックスがしたくなる方法

唇 おすすめのセックス方法

40代半ばまでは週に1度セックスをしていたのに、50代になってからは気づけば年に一度あるかないか。
妻とのセックスの頻度が下がったことで悩んでいる方って案外多いのではないかと思います。
ただ、もちろん男性と女性では体の構造がまるで違うので、その点の理解を踏まえながら夫婦生活を送るのがベストだと言えますね。
今回は、妻とのセックスレスに悩んでいる方に向けて50代女性のセックスする頻度について詳しく解説していきたいと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

50代女性の性事情って?

加齢に伴って性欲というものは低下する印象がありますが、実のところ変動は個人差があり、人によっては逆に性欲が増加する50代女性もいるとのこと。
50代女性の肉体はどういう変化をしていくのでしょう?

50代女性のセックス頻度

夕日をバックに向かい合う花嫁と花婿

50代女性です。
最近になって、性欲がとても強く、身体が疼いて仕方ありません。
オナニーを毎日のようにしてしまいます。
夫に頼んでも、なかなか応じてくれずストレスが溜まる一方で、浮気するよとか、セフレを作るよ
とか言って、やっとしてくれますが、ささっと終わらせるという感じです。
【引用:Yahoo!知恵袋】

2016年度のとある調査で女性が半年の間にセックスする割合は、20代で35.1%、50代で26.9%という結果が出ています。
これが高いかどうかは各々のイメージによって変わると思いますが、個人的に更年期へ突入する時期でも4人に一人はセックスに対して抵抗がないというのは高い割合だと感じますね。
また、マスターベーション(自慰行為)をする50代女性の割合は、18.6%というデータがあり、セックスをする割合の方が高いという結果も。
この数値からもわかるように一概に50代を超えるからセックスがしたくなくなるといったことではないようです。
むしろ若い頃に比べて肉体的な快楽よりも精神的に満足することを求めるようになるので、日頃のスキンシップをすることでセックスする頻度が増えるかもしれません。

50代女性の性欲

レンゲの花
50代女性と限らず、性欲というのは加齢とともに減退する印象がありますが、けしてそんなことはないようです。
上の「50代女性のセックス頻度」を見てもらってわかるように、50代になることでセックスに対して抵抗ができるわけでもなく、むしろ増加するという人も多くいるのこと。
その理由として、女性は加齢とともに女性ホルモンであるエストロゲンというホルモンが減少するのですが、それと同時に男性ホルモンであるテストステロンが増加します。
このテストステロンが多ければ多いほど性欲が強いと言われているので、40代・50代になって逆に性欲が強い感じる女性は、テストステロンの増加が影響していると考えられます。
その反面、性欲が衰えたと感じる女性は、閉経を迎えることが大きく要因しているようです。
その場合は、男性側がパートナーの状態を理解しサポートしてあげることで、性欲を高めたり維持することができるらしいですよ。

50代女性がセックスしたくなる方法3選

嫁がどうしても夜の営みをしたくないらしく、今までその事について何回も喧嘩がありました。【引用:Yahoo!知恵袋】

一定の年齢を迎え、著しく性欲が下がる感覚やセックスの頻度が少なくなったと感じる場合、様々な要素で性生活に変化をもたらすことが可能になります。

適度な運動

青いパーカーを着た30~50代の女性
女性が男性ホルモンを増加させる最もオーソドックスなやり方が、筋トレと言われています。
筋肉量を増やし適正体重をキープすることで、テストステロンが増えるらしいです。
エクササイズを勧めてみたり、一緒にジョギングを始めたりすると性欲が高まるきっかけになるかもしれませんね。

趣味を見つける

食事をする50代の女性
性欲をキープする男性ホルモンのテストステロンですが、女性も人によっては加齢とともに増加していくことがあるといいます。
性欲以外にも老化に伴った血管や筋肉の衰えも予防してくれる作用があり、さらにはメタボリックシドロームや動脈硬化などの生活習慣病を未然に防いでくれる働きもあるとか。
そして、このテストステロンが不足する要因として精神的ストレスの影響があります。
ストレスを軽減してくれる趣味があるとテストステロンの減少を抑制してくれるので、何かしら好きなことを見つけるのも性欲をキープする秘訣になるということですね。

睡眠の質を高める

ベッドで横になる50代女性
女性ホルモンのエストロゲンは、美肌の維持や血管収縮を抑える働きなど、女性の衰えを防いでくれる作用があったりします。
このエストロゲンが減退することで、乳房のたるみや体のラインが崩れたりすることがあり、また性欲の低下にも幾らかの影響を及ぼすと言われています。
もちろん年齢とともに女性の体からエストロゲンは少なくなっていくものですが、減少の進行を抑えるために質の高い睡眠をとることが推奨されているようです。
十分な睡眠をとるか否かでエストロゲンの分泌量が変動するので、寝心地の良い環境を作るのも性欲キープの方法と言えます。
以上が、50代女性が性欲を維持するための方法ですが、正直これらを実践しても時間とお金がかかりすぎるケースが考えられるので、できればすぐにでもパートナーの変化を実感したいですよね?
そんな時にオススメな方法が以下のものになります。

50代女性でもセックスを楽しむために

媚薬を使って性欲を急増させる

50代の性欲を高める薬
50代女性が昔の頃のようにセックスがしたくなるには、媚薬が最もスピーディかつ効果的な手段だと言えるでしょう。
媚薬というと副作用があったりイメージがあまり良くないというデメリットが思い浮かびますが、40代〜60代など、性欲が低下してくると実感する年齢層は意外と媚薬を使用している人がいたりします。
何より体に全くの無害でその場で効果を発揮しますので、安心して利用できるのが選ばれる理由です。

手軽な媚薬ならLoveTimeMakerがおすすめ!

ラブタイムメーカー

一滴で相手を虜にする発情効果

強力な媚薬効果で相手を発情させ、身体に眠っている性欲を解放してくれます。
女性の理性をぶち壊してくれるLoveTimeMakerは、リピート率も94.5%という圧倒的な高さを誇ります。
一度この快楽を味わった女性は、二度とあなた以外で満足することはできなくなるでしょう。

脅威の即効性と持続時間

LoveTimeMakerは強力な媚薬効果だけでなく、即効性や効果の持続時間の長さも特徴となっています。
飲んでから約30分後には発情状態に突入しており、発情効果は5時間も続きます。
性欲に忠実となった女性と一晩中セックスすることもできる、満足度の高い媚薬になっています。

LoveTimeMakerに副作用の心配は少ない

LoveTimeMakerは数ある媚薬の中でも圧倒的な興奮作用が得られ、利用した女性は皆セックスに夢中になります。
こだわり抜かれた配合成分により、どんな女性も一瞬で発情してあなたの手中に堕ちていきます。
マカやザクロなどの天然成分から作られているので安心して使用することができ、正しく使えば副作用の心配もありません
媚薬に興味があっても身体への影響が気になって手が出せない人にはオススメの媚薬です。

実際に媚薬を利用している人の口コミ

媚薬に対して懐疑的なイメージを持っている人も多いでしょうが、媚薬には確かな発情効果があります。
実際に媚薬を使ったセックスを体験している人もたくさんいます。

妻とのセックスレスを解消するために媚薬を使用しました。今まで感じた事のない快感に妻も虜になりました。

女性としての感想ですが、感度を増してくれる「精力剤」として、イイと思います。これまで精力剤は男性だけのものだとおもっていたので、新しい体験をすることができました。

この様に、媚薬は色んなケースで大活躍しており、性に対する悩みにも応えてくれます。
LoveTimeMakerを一度使えばセックスに乗り気じゃない女性でも快楽の虜にすることができます。
LoveTimeMaker公式サイトはこちら
当サイトで女性の性欲に関しての記事をピックアップしたので参考にしてください。
セックスの楽しみ方から、気になるラブグラ(女性用バイアグラ)などの記事がありますので、あなたの疑問を解決できるはずです!!